カテゴリー別アーカイブ: ホテルの評判

ホリデイ イン トロント インターナショナル エアポート

トロント経由で中米に行くため、カナダ トロントの空港近くのホテルを探していました。 空港の近場でなおかつお手頃価格でないかと探し見つけたのが、ホリデイ イン トロント インターナショナル エアポートです。

トロント国際空港に到着し、シャトルバスが迎えに来てくれるようなので、 乗り場を探しましたが空港が広くて見つからず、空港内のインフォメーションで聞いても、ホテルに電話して聞けばと軽くあしらわれ、勇気をだして電話してみる事にしました。

電話を出た女性は私の下手な英語でもとてもわかりやすく対処して下さり、 すごく印象がよかったです。 地下に行けば乗り場が見つかるということで、地下へ行き無事乗り場も見つける事ができ待っているとすぐシャトルバスも来て乗る事ができました。ドライバーは荷物も運んでくれるとっても優しい方でした。フロントにつき、チェックイン手続きをしているとフロントの女性があなたさっき電話してきた人ね、無事についてよかったわと言ってくれ、そんな一言でとてもホッとしました。

部屋はシングルを取りましたが、3人は寝れるんじゃないかと思うくらいの大きなベットで テレビはもちろん紅茶やコーヒーの無料アメニティも充実しており、満足でした。ピザなんかをデリバリーで頼む事も可能でした。ホテル内には小さな売店もあり、雑誌やスナック、私はアイスが食べたかったのでアイスを買い、ちょっとした買い物には十分でした。

そして海外のホテルでがっかりすることの多い、シャワーの水圧ですがこちらのホテルは日本人でも満足できるものでした。ホテル内にはレストランはもちろんプールもあります。 インターネットはもちろん部屋で無料で使えました。禁煙の部屋を選びましたが、喫煙者でもホテルの外に喫煙所があったので困る事はなかったです。

次の日、飛行機まで時間があったので部屋でだらだらしていると、 掃除係の人がやってきましたが、何時に出ると伝えるととても印象のよい態度で対応してくれました。 そしてあまりに居心地がよかったので、帰りのトランジットもここのホテルを利用しました。フロント係はもちろん前の人とは違いましたが、その時の男性もとてもいいサービスでした。

トランジットのために泊まるホテルならぜひおすすめします。値段もお手頃ですし、なんせ働いている人の対応、サービスがとてもよかったです。それだけでも旅のいい思い出になりました。

フェアモント ル シャトー フロントナック

フェアモント ル シャトー フロントナックは、カナダのケベックシティにあります。このホテルは、単なるホテルではありません。ケベックシティのランドマークであり、象徴でもあるのです。ケベックシティは、旧市街と新市街に分かれていますが、その旧市街の中心にあるのが、このフェアモント ル シャトー フロントナックです。徒歩圏内に、プチシャンプラン蓄、大聖堂などがあります。

フェアモント ル シャトー フロントナックは、もちろんお部屋も充実。全部で客室は618部屋あるのですが、そこにはミニバーやテレビが完備されています。窓はもちろん開放することもでき、そこからは旧市街の街並みや近くを流れるセントローレンス川を一望。

施設も充実。
スパやサウナも完備されていますので、冬のスキー後で疲れた体をリフレッシュ、リラックスさせることができます。お子さん連れの場合にはベビーシッターやチャイルドケアのスタッフもいます。さらに、スキー用倉庫やスキーシャトルもあり、とにかくスキー関連の施設が充実しております。

フェアモント ル シャトー フロントナックには、レストランやカフェが入っております。ラウンジもあり、そこではお好みのカクテルを召し上がることも可能なのです。

デイズホテルアンドカンファレンスセンタートロントエアポート

トロントのピアソン空港でトランジットのため、こちらのホテルを利用しました。トランジットのためだけの宿泊だったので、とにかく安く、空港までのシャトルバスがある事を条件に探しました。ですので、ホテル自体に期待をしていなかったのですが、実際は大変満足できるホテルでした。

特にスタッフのみなさんが親切でした。

私は一人だったんですが、まず空港までシャトルバスが迎えにきてくれたのですが、他の客が沢山乗っていて、ほとんど席があいていない状態でした。あいている席にたどり着くには、大きな荷物を持って、体の大きな外国人の間をすり抜けなくてはいけません。長時間フライトの後で、重い荷物を持ってあまり動きたくないなぁと思っていると、運転手の男性が、普段は人を乗せない助手席に私を乗せてくれました。

「疲れたような顔をしていたから・・」と言われましたが、まさか外国で相手の顔を見ながらサービスしてもらえるとは思いませんでした。また、ホテルについて、国際電話の掛け方が分からないと、フロントの女性はしっかり紙に書いて説明してくれました。部屋も清潔でしたし、何より日本のような、おもてなしの心を持った接客態度に大満足です。

ただし、あくまでビジネスホテルですので、旅行などの特別な時には、向いていないと思います。

シャトー ボンヌ アンタント

シャトー ボンヌ アンタントは、カナダ東部、ケベック州にあります。その中心都市ともいえるケベックシティにこのホテルはあります。周辺5キロメートル圏内には、公園や水族館、大学などが位置しております。

シャトー ボンヌ アンタントは、全部で161の客室が備えられております。その全室にエアコンが完備されております。特にケベックは冬は冷えますので、エアコンがあるとなしとでは大違いです。エアコン以外にも、設備が充実しております。また無線LANも完備されており、しかも無料。ケーブルテレビも引いてあり、好きなテレビを見ることができます。部屋にはお風呂のアメニティもあれば、ドライヤーも付いております。

ビジネスでケベックを訪れた方には、ビジネスセンターが重宝します。コンピュータはもちろんのこと、各種AV施設も完備。イベントだけではなく、会議としても使っていただくことができます。

シャトー ボンヌ アンタントには3軒のレストランが入っており、軽食をとるのはもちろんのこと、本格的な食事、さらには24時間ルームサービスも可能です。送迎サービスも充実しており、リクエストベースではありますが、空港までの送迎や駅までの送迎もしております。

エクスプローラーホテル

カナダ極北の地、北極圏にあるホテルです。オーロラツアーで日本人もよく利用するホテルで、マンモスホテルではありませんが、そこそこの大きさはあります。ホテル内には売店、レストラン、バーもそろっています。

全体的にはこじんまりとまとまった印象のホテルですが、その分、スタッフの人たちの温かさを肌で感じることができます。例えば、トイレ内にある自動販売機を利用したときのことですが、お金を入れたにもかかわらず、商品が出てきませんでした。どこに言いに行っていいのかわからず、とりあえず売店の女性に伝えると、笑顔で店内にある同様の商品を選んで渡してくれました。

また、レストランで夕食をとったとき、トナカイの肉があまりにも多くて食べきれずにいました。勿体ないのであとで部屋で食べられるように残った料理を包んでくれるよう、ウェイターさんに頼みました。お店を出て部屋に戻り、シャワーを浴びていると、ドアのインターフォンがなりました。友人が応対して何かしゃべっている様子です。シャワーから出て、誰が来たのか友人に訪ねたところ、レストランで働く女性が、包んでもらうように頼んだトナカイの肉を持ってきてくれていたのです。そういえば、レストランを出る時に包を持って出るのを忘れていたのを思い出しました。

本当に、心温まる、居心地の良いホテルでした。

ヒルトン ケベック

ヒルトンといえば、世界的に有名なホテルチェーンですが、もちろんカナダのケベックにもヒルトンはあります。

その名も「ヒルトン ケベック」。

ヒルトン ケベックは、特にビジネスパーソンにとって便利なホテルといえるでしょう。

というのも、このホテルはケベック シティ コンベンション センターや、議会ビルまで歩いてすぐなのですから。

さらに、このホテルの近くには展望台もあり、公園もあります。

そして、ビジネスパーソンにとって魅力的なのは、ホテルの外だけではありません。

ホテルの中も、ビジネスパーソンにはありがたいものです。

24時間対応のビジネスセンターがありますし、インターネットアクセスも万全。

リムジンサービスもあるので、送迎にも便利です。

車でお越しの方には、もちろん駐車場も完備。

このホテルには、会議室やカンファレンスルームがありますので、ここで会議を開くことも可能です。

このホテルの魅力のひとつといえば、眺望です。

ケベック市街を一望することができるのですから。

これも、巨大ホテルならではの特権といええますね。

疲れた体を癒すには、プールやサウナがあります。

また、喉の渇きを潤すには、ラウンジがいいでしょう。

このラウンジでは、朝食を召し上がることもできます。